コンテンツ
KU-MAについて
入会案内
リンク
会員向け

KU-MAの
おすすめ


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

国分寺市科学教室5年生コース「宇宙の科学」
日時と場所11月7日(土) 国分寺市ひかりプラザ
プログラム〜宇宙の科学〜 地球を離れる
講師金子涼子、遠藤純夫
参加数21名
主催国分寺市教育委員会

国分寺市科学教室5年生コースで9月の小峰義夫さん、10月の笹原眞文さんに続き、11月は金子涼子さんが講師を務めます。無重力状態での生活と重力のお話しをしました。


月と地球の距離を模型とひも使って示し、この縮尺だと国際宇宙ステーションは地球からどのくらい離れて地球を回っているかというと、地球スレスレの高さを飛んでいる事になります。


無重力でも書けるボールペン「スペースペン」を体験。


普通のボールペンは、重力の影響で上向きに書いているとインクが出なくなります。
無重力でも使える「スペースペン」は上向きでもずっと書けます。
普通のボールペンは書けなくなりますので、試してみてください。

<<前へレポートインデックス次へ>>

TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します