入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

知立市「宇宙の学校」第2回スクーリング
日時と場所 2015年7月12日(日)10:00〜12:00 知立市立八ツ田小学校
プログラムペットボトルロケットを作って飛ばそう
講師・スタッフ講師・・・大矢晃示(スタッフ:デンソー)  
スタッフ・・・校長:山崎敬司(知立市社会福祉協議会) 
・事務局:蛭川公一、棚橋慈孝
・八ツ田小学校おやじの会:田中健(市議会議員)
・企業技術者:野田幸宏(アンデン)、柘植宏(アイシン精機)、笹靖幸(アイシン精機)、
 阿部裕幸(アイシン精機)、梶野真一(アイシン精機)、清野直樹(三菱重工)    
参加数 親子26組(65名)
主催知立市「宇宙の学校」
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター
後援知立市・知立市教育委員会


第2回スクーリング「ペットボトルロケットを作って飛ばそう」です。


グラウンドに飛んだ距離がわかるようにコーンをセットしました。


山崎校長先生から開講のあいさつがありました。


講師はスタッフの大矢さんが務めました。


スタッフの皆さん。


工作の前に、「ペットボトルロケットはどうして飛ぶのか?」聞いてみました。


いよいよ工作です。ペットボトルを切って、ロケットのノーズとスカート部を作ります。 


牛乳パックを切って、尾翼を取り付けて完成です。


完成後は講師からできばえの点検です。


いよいよ飛ばします。飛ばし方と注意事項の説明。


空気を入れています。もう少し!


準備完了。カウントダウン3・2・1


発射!!


きれいに飛び出しました。


2回飛ばしました。2回目は遠く飛ぶように工夫しました。


ワーツ 飛んだ!!


遠く飛んだペットボトルロケットを製作した生徒さんから話を聞いてみました。


最後に自作のペットボトルロケットと一緒に全員で記念写真。

次回は10月3日(土)〜4日(日)「天体観測をしよう」です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します