入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

知立市「宇宙の学校」第4回スクーリング
日時と場所 2015年11月15日(日) 10〜12時 知立市立八ツ田小学校
プログラムフィルムケースロケットを飛ばそう
講師・スタッフ講師:時乗伸一郎(三菱重工)
スタッフ:・校長:山崎敬司(知立市社会福祉協議会)
     ・事務局:蛭川公一、棚橋慈孝
     ・企業技術者:野田幸宏(アンデン)、大矢晃示(デンソー)
      柘植宏、笹靖幸、阿部裕幸(アイシン)
      清野直樹(三菱重工)
参加数 親子19組53名
主催知立市「宇宙の学校」
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター
後援知立市・知立市教育委員会


第4回スクーリング:フィルムケースロケットを作って飛ばそう。


おはようございます。受付の開始です。どの色にしようかな?


山崎校長先生のあいさつで始まりました。


スタッフの皆さん。


講師はスタッフの時乗さんが務めました。


スポンジを切ってノーズコーンを作っています。


尾よくを取り付けています。


名前・絵を描いて完成。


水を入れ、発泡剤を入れて、発射を待ちます。


ポーン。ワー、飛んだ!。


ポーン。ポン。あちこちで飛びあがりました。 


水・発泡剤の量をいろいろ変えて飛ばしました。こんなに高く飛びました。


感想を聞いてみました。「おもしろかった。楽しかった。」


講師の時乗さんから高く飛ばすための解説がありました。


全員で後片付けをして、


写真を撮って終わりました。


次回は2016年1月24日(日)「ホバークラフトを作ろう」です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します