入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
〜太陽系図絵〜


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

三原市「宇宙の学校」第2回スクーリング
日時と場所7月25日(日)三原市立久井小学校
プログラムフィルムケースロケットを飛ばそう
熱気球をつくって上げよう
講師・スタッフ講師:山下法昭
スタッフ:宇根山天文協会
参加数親子41組
主催三原市教育委員会、宇根山天文協会
共催KU-MA、JAXA宇宙教育センター

今回はアルコールで飛ばすフィルムケースロケットと熱気球を作りました。
ロケットの打ち上げ映像を見ながら、液体燃料と固体燃料のはなしを聞いて、実際に水素と酸素をポリ袋に入れて点火して、爆発の演示を行いました。入れた袋の大きさは缶コーヒーほどでしたが、大音響とともに爆発し、子どもも大人も驚いていました。

フィルムケースに水素と酸素を使うと砕け散るので、アルコールで飛ばします。
型紙を切ってフィルムケースに貼り付けて、ロケットを作ります。


気温が高いため、アルコールがよく気化するので7〜8mぐらい飛んでいました。


休憩のあとは熱気球を作ります。初対面の人同士が協力して作らなければならないので、参加者同士やスタッフの交流を深めらる教材です。


天井が高い体育館だったので、一番高いところまで上がるとは思っていなかったようですが、どれも天井まで浮かび上がるので、驚いていたようです。


各班にスタッフがついて、工作の手伝いをしてもらいました。
天文協会と教育委員会の皆さんです。暑い中ありがとうございました。


急に工作の手伝いは出来ないので、始まる前にみんなで一通り練習しています。

次回は、8月28日(土)です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します