入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
〜太陽系図絵〜


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります
出水市「宇宙の学校」第3回スクーリング
日時と場所 2015年11月23日(日)10:00〜12:00 出水市中央公民館
プログラムホバークラフトを作ろう
講師・スタッフ講師:有水勝一郎(出水市立東出水小学校)
スタッフ:1名
ボランティアスタッフ4名
参加数親子33名
主催出水市中央公民館 指定管理者 株式会社トシヒロ
共催出水市役所教育委員会生涯学習課 KU-MA JAXA宇宙教育センター

今回の講師は、出水市立東出水小学校理科教諭有水勝一郎先生です。
ホバークラフトの仕組みを説明してくださいました。

風で浮いて進むという不思議な乗り物みたいです。
お父さん、お母さん子ども達より必死になってホバークラフト作りに取りかかっています。
細かい作業や難しい作業が多いので、子供たちの表情は真剣そのものです。
親子で、協力し合ってひとつひとつ部品を組み立てていきます。
お父さん、お母さんが先生です。












お父さん・お母さんの目も真剣です








ホバークラフトは、細かい作業や難しい作業が多いので子供たちは慎重に作業を進めています


そして、とうとうホバークラフトの完成です。
イエ―イ!思わずピースサイン。うまく動くことができるかな?


速すぎて、追いつけない子もいました。バランスよく作れた証拠だね。




最後は、みんなで記念撮影

どうしたら、バランスよく走るのか、速く走るようになるのか一生懸命親子で試行錯誤しながらホバークラフトを調整していました。プロペラ、その風を受けるカバーの位置、モターの位置などでスムーズに進むもの、ゆっくり進むものさまざまでした。
しかし、自分たちで作ったホバークラフトが動くのを見てみんな大興奮でした。
講師の先生のサポートもあり、みんなうまく動かせたようです。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します