入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
〜太陽系図絵〜


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります
塩竈「宇宙の学校」開校式・第1回スクーリング
日時と場所9月17日(土) ふれあいエスプ塩竈
プログラムスチロールたこをあげよう
みんなで熱気球をつくって上げよう
講師・スタッフ講師:遠藤康弘、的川泰宣
スタッフ:
参加数親子41組100名
主催塩竈市、塩竈市教育委員会
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター

 駅を降りた街はおだやかで、一瞬何もなかったような感じさえしました。

 開催前に街の中と船から周辺の島々を見せていただきました。 車で移動していくうちに1階部分に被害があった所や全く機能 していない建物、いまだに復旧していない信号があったりと、 しっかりと震災の爪後が残っていました。

 津波で形の変わってしまった島や、島自体が下がってしまい最干潮時でも水面が すぐに迫っている島があったり、今だに高く積まれているがれきの山を前に、 それでも地元の方はだいぶ片付いたと話しているのを聞き、直後はもっともっと ひどい状況だったことを知りました。

 以前は部落があった島に震災後に行ったら、全く何もなくなっていたとか、 最近もお葬式があったり、いまだに行方不明の人がいるとも・・ 「塩竈は島々があったお陰で被害が少なかった。三陸の方はもっと ひどい」と言う地元の方の話を聞いたり状況を見れば見るほど、地震や津波の脅 威を感じ言葉を失いました。ボランティアスタッフとして東京から同行して下 さった会員の方も涙を流されていました。


開校式と合わせて、的川会長の講演会も行われました。


予定では30組の方が参加する事になっていましたが、予想以上に当日参加 の方が増え、たくさんのご家族が参加してくださいました。


塩竈市の阿部いと子さんからはじめの挨拶。


的川会長から「宇宙の学校」についてのお話。


スチロール凧の作り方を説明。


作った凧を揚げてみよう。


続いて熱気球です。


子どもが作った気球は親が膨らませてあげます。
ランチャーの前でしゃがんでいる方は、 亘理からボランティアに駆けつけてくれたKU-MAの会員です。
遠いところからありがとうございました。


見かけによらず勢いよく上がっていくのでみんな嬉しそうに見上げていました。

参加の方に加え、スタッフのみなさん明るく元気に参加の皆さんの補助に 入って下さったお陰で「宇宙の学校」第一回目が無事に終了いたしました。

 今年度の塩竈での「宇宙の学校」は全2回の開催となり、11/26の開催で閉校と なりますが、たくさんのご家族、子ども達が笑顔になるお手伝いを継続して行ってまいります。

 次回は11/26 紋切り遊びとレポート発表会を予定しています。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します