入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
〜太陽系図絵〜


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります
長崎「宇宙の学校」開校式・第1回スクーリング
日時と場所 2015年6月21日(日)午前の部10:00-12:00、午後の部14:00-16:00 長崎市科学館
プログラム 開校式
ホバークラフトを作ろう
ホバークラフトに乗ってみよう
参加数大人89人・子供87人、計176人
講師・スタッフ講師:久松 邦夫、島田 博志
スタッフ:宮崎 勉、松永 修、林田 俊澄、松崎 秀信、原田 康英、宮上 和夫、
大島 裕、岡 智子、阿比留 蔵一、田原 真治、田中 裕子、樋口 一成
主催宇宙の学校ながさき教室運営の会
共催長崎市教育委員会 長崎市科学館 KU-MA JAXA宇宙教育センター


開校式


日程説明


乗れるホバークラフト登場!


子どもを乗せてすべります


子どもを乗せてすべります


穴の大きさはどうしよう?


いけー!


机の上を走るホバークラフト


CDと風船でも作ります


うまく走るか?

講師の久松先生からホバークラフトのしくみについて解説していただき、
厚紙と穴をあけたビニル袋でホバークラフトを作った。

遠くまで滑らせるために「穴の大きさはどうする?」「何かおもりをつけよう」
などの働きかけを行った。子供たちは穴を多数開ける、はさみや筆箱をおもりにする、
厚紙で取っ手をつけるなど思い思いの工夫をこらしていた。

次に、島田先生が講師となり、CDとゴム風船のホバークラフトを作った。
こちらは個人差も少なく、子どもたちは次々と完成させ、机上を滑らせて楽しんだ。

また、ブロアと浮き輪を使ったホバークラフトを島田先生より持参していただき、
子どもたちに順番に乗って体験してもらった。
子どもたちは自分を持ち上げて滑るホバークラフトに驚き、楽しんだ。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します