入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

「宇宙の学校」松江・安来教室 開校式・第1回スクーリング
日時と場所 2015年6月7日(日)10:00〜12:00 島根大学松江キャンパス
プログラム 開校式
科学のお話
実験:熱と対流
工作・実験:ミニ熱気球づくり
講師・スタッフ 講師…島根大学地域課題学習支援センター:高須佳奈
スタッフ…島根大学教育学部:百合田真樹人 香川奈緒美 島大生6名
松江市教育委員会 吉岡 山内
安来市地域振興課 平野
参加数 25組(児童28人 保護者28人 全体56人) 
主催 松江市教育委員会・安来市(松江・安来広域連携事業実行委員会)
共催 島根大学教育学部 環境・理科教育推進室
KU-MA JAXA宇宙教育センター


宇宙の学校 松江・安来教室受付
受付では、KU-MAからのテキスト等や第1回目のスクーリング資料を配布しました。


開校式では、松江市教育委員会生涯学習課 杉谷薫課長から「宇宙の学校」の
一番のねらいは、身の回りにあるものを利用した工作や実験を親子で一緒に取り組み、
科学や宇宙のしくみについて理解を深めながら、「学び」や「気づき」を通して
親子の絆を深めていただくことにあり、この講義を通じて、子どもたちと一緒に
楽しく学んでいただき、子どもたちの好奇心を育ててほしいとごあいさついただきました。


島根大学高須講師が教室のスケジュールについて話をしました。
松江・安来教室編としてスケジュールや進め方について詳しく解説しました。




講義の前に、子どもたちの緊張をほぐすために、島大生によるアイスブレークが
行われました。






大人たちには、本講義の目的やねらいを百合田先生が解説しました。




科学のお話では、熱湯の入ったコップを水槽の底に置き、水槽の中の水を
底から温めた状態で、常温水でうすめたインク水をスポイトで注入したときに、
インク水の流れ(空気の流れ)がどうなるのかを実験しました。


子どもたちの中には、インクは熱いのが嫌いだからお湯の底から上に向かって
移動したんだという発想もあり、高須先生から、例えば、氷とカイロの間に
インクを置いたらどうなるのかなど、疑問に思ったことは確かめてみることの
必要性を学びました。






科学のお話で、熱と空気の流れの関係を体験した子どもたちは、
いよいよ熱と対流の実験に挑むことになりました。
ここで使った材料は、ビニール袋、針金、綿、エタノールです。








熱気球が完成しました。さあ、エタノールをしみこませた綿に着火してみよう!


この気球が、上空に向かって進む仕組みを参加者みんなで体験学習しました。








今日の学習をレポートにまとめます。




第1回目の宇宙の学校スクーリングは終了しました。
班ごとに分かれての記念写真です。









次回は7月5日の開催予定です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します