入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
〜太陽系図絵〜


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります
「宇宙の学校」松江・安来教室 第3回スクーリング
日時と場所 2015年8月2日(日)10:00〜12:00 島根大学3F大学会館
プログラム 科学のお話 月の科学
グループ活動 月基地をデザインしよう
講師・スタッフ 講師・・・一般社団法人リモートセンシング技術センター 山本彩
 島根大学地域課題学習支援センター 高須佳奈
スタッフ・・・島根大学教育学部 百合田真樹人 香川奈緒美
 島根大学学生6名
 松江市教育委員会 中澤
 安来市地域振興課 平野
参加数 親子20組(児童23人 保護者22人 全体45人)
主催 松江市教育委員会・安来市(松江・安来広域連携事業実行委員会)
共催 島根大学教育学部 環境・理科教育推進室
KU-MA JAXA宇宙教育センター

今年度3回目の宇宙の学校は、財団法人リモート・センシング技術センターから
山本 彩さんを講師としてお招きしました。
まず初めに、月の大きさや地球との距離、月の特徴など、月に関することを教えて
いただきました。

次に、「ムーンステーションをデザインしよう!」というテーマで、各班で話し合いました。
月に住むためにどんなものが必要かを考え、思いついたものをふせんに書いて
アイデアを出し合い、班ごとにまとめました。











保護者のみなさんと一緒に、自分がよいと思った班やアイデアにシールをはりました。

山本先生からの講評では、アイデアの中に現在専門的な機関で研究されているような
内容が含まれていることに感心しておられました。
こどもたちが大人になるころに実現されているのでしょうか?


最後に、前回高須先生から出されたスプラウトの観察の結果を、各班で発表しあいました。

みなさんスプラウトの栽培に成功した様子で、高須先生も驚いておられました。


高須先生から、次回は最後になるので、初回に説明したとおり、配布したテキスト集から
お気に入りのテーマを選んで作成したものを、各自で発表できる形に模造紙にまとめて
くるよう話があり、第3回の宇宙の学校が終了しました。
(3回目からの宿題はありませんでした。)

次回は8月24日の開催予定です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します