入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
〜太陽系図絵〜


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります
三島「宇宙の学校」第2回スクーリング
日時と場所 2015年8月2日(日)三島市生涯学習センター
プログラム 紋切遊びと万華鏡
どんぐりのお話
レポート発表
講師・スタッフ 講師:下田 治信
スタッフ:約20名
参加数 親子24組
主催三島宇宙の学校実行委員会
共催 KU-MA JAXA宇宙教育センター

2015年第2回目のスクーリングが開催されました。今回は工作がたくさんありました。 


万華鏡作りでは、2枚の鏡の真ん中に物をひとつ置いて鏡の角度を変えると、
物がいくつに見えるか。という実験もしました。


お友だちの中には、角度と見える物の数の法則に気づいた人も!


スライドガラスが鏡になるのにはびっくりでした!
できた万華鏡で、みんな照明を見たり お父さんやお母さんのお顔を映したり
楽しんでいました。 


紋切遊びは、みんな好きな型紙を選んで ハサミでいろいろな模様を作りました。
できた紋切の紙をウチワに貼って、世界に一つだけのオリジナルウチワの完成!
この夏大活躍の予感です。おうちに帰っても自分でいろいろな紋切を作って 貼りたいなと
言っているお友だちもいました。


どんぐりのお話では、自分たちの住んでいるところのどんぐりを見つけて、
観察したり、工作したりしようというお話がありました。

次のスクーリングまでには きっと、みんなどんぐりを見つけて
全国にいるお友だちのように、三島のどんぐりを教えてくれると思います。

住んでいる場所によって、どんぐりの形が違うんだということにみんな
驚いているようでした。

今回は、自分たちで作った《おもいでおみやげ》もあって楽しい夏の思い出が
できました。

2015年度初めての家庭学習レポート発表でも、夏休みの自由研究を兼ねて
しっかり まるでちびっこ研究者のように!取り組んでいるお友だちがたくさんいました。
ドキドキの発表もみんながんばっていました。次のスクーリングも楽しみです! 

次回は11月29日の開催予定です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します