入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

多摩市「宇宙の学校」開校式・第1回スクーリング
日時と場所 2015年6月7日(日)10:30〜12:30 恵泉女学園大学
プログラム開校式
みんなで熱気球を作って揚げよう
講師・スタッフ講師:並木道義
スタッフ:TAMA宇宙委員会 14名、帝京大学児童文化研究会 7名
参加数 43家族 対象児童 41名 計93名
主催TAMA宇宙委員会
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター
後援多摩市教育委員会


今年度の閉校式です。

まず初めにTAMA宇宙委員会代表の三浦から「宇宙の学校」について話をしました。
「宇宙というと、何を思い浮かべますか?」との問いかけに「銀河」「星座」
「プロミネンス」等など子どもたちから次々と手が上がります。

「実は地球の外だけでなく、実は私たちがいる「ここ」がすでに宇宙なんですよ」
という話を衛星写真など使って説明しました。

果てしない宇宙に点のように見える地球の写真を見ながら、「みなさんがこの地球に
生まれて生きていることはとても尊いことなんですよ」とお話しました。

身近な感動がそのまま「宇宙の学校」になります。


次に講師の並木道義先生から「はやぶさ」と「はやぶさ2」のお話をしていただきました。
子どもたちよりも大人たちが興味を持って聞いていました。


そして工作講師・TAMA宇宙委員会の石井統丈さんの指導で
思い思いの熱気球を作っていきます。








打ち上げではカウントダウンと共に打ちあがる熱気球を見上げる会場から
「わあ〜」という声が。大人も子どもも目をキラキラさせて見上げていました。








今年度初回のスクーリングでしたが、嬉しいことにスタッフも増えて
人数的には充実したスタートでした。
この調子で事故が無いように楽しく1年活動していきたいと思います。

次は7月12日大気圧です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します