入会案内
コンテンツ
KU-MAについて
リンク
会員向け
KU-MAの
おすすめ

惑星MAPS
〜太陽系図絵〜


宇宙飛行の父
ツィオルコフスキー
人類が宇宙へ行くまで


ニッポン宇宙開発秘史―元祖鳥人間から民間ロケットへ


世界でいちばん素敵な
宇宙の教室


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります
多摩市「宇宙の学校」開校式・第1回スクーリング
日時と場所2018年6月30日(日)14:00〜16:00 パルテノン多摩
プログラム開校式
熱気球を作って上げよう
講師・スタッフ講師:石井統丈(TAMA宇宙委員会)
   TAMA宇宙委員会5名、子どもスタッフ3名
参加数35世帯81名
主催TAMA宇宙委員会
共催KU-MA JAXA宇宙教育センター
後援多摩市教育委員会

多摩では8回目となる宇宙の学校。ほとんどの方が初参加でしたが、数組リピーターのご家族もいらして、多摩で宇宙の学校が定着してきたように感じます。
開校式、オリエンテーションはTAMA宇宙委員会代表の三浦が担当しました。地球の外に宇宙があるのではなく、私たちが宇宙の中にいることや、3日前に地球接近小惑星リュウグウに到着した、はやぶさ2の活躍についてお話しました。


TAMA宇宙委員会スタッフの石井さんから熱気球の話があり、みんなで制作に取り掛かりました。最高気温が32度と、外気温が高いので熱気球が上がるか心配しましたが、ほとんどが天井まで上がり、拍手が沸き上がっていました。









次回は7月23日開催予定です。


TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します