コンテンツ
KU-MAについて
入会案内
リンク
会員向け

KU-MAの
おすすめ


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

YMコラム
12月8日「金星探査機「あかつき」の逆噴射」

 12月7日、探査機「あかつき」(図1)が金星周回軌道に投入される日を 迎えました。折悪しく私は糖尿病の検診日。金星上空へ近づいて、何もや らなければ金星中心の双曲線を描いて再び金星の重力圏の外へ放り出され ますから、金星最接近のあたりで、新開発のセラミックスラスターを噴い てブレーキをかけます。逆噴射は朝9時前から始まりますが、軌道決定を 経て、金星を回る軌道に投入されたかどうかが判明するのは夜になってし まいますから、病院で診察の順番待ちをしていました。



 突然携帯が鳴ります。急いで待合室を出て携帯を耳に当てました。新聞 社です。「お聞きと思いますが……」━━直感的に、何か起きたなと思い ました。そしらぬ声で「何をですか?」「あかつきとの通信が復活しない らしいんです」「私はいま病院にいるので状況がよく分からないんです。 検診が終わったら研究所に駆けつけるので、それまで待ってください」。

 さあ弱った。逆噴射を始めてすぐに「あかつき」から見て金星が地球を 隠す「地食」という現象が起きます。地球と「あかつき」との連絡が一時 的に途絶えるのです。しかしその後金星の向こうから「あかつき」が顔を 出し、地球上のアンテナが交信を開始するはずでした(図2)。新聞記者 の「通信が復活しない」という表現は、その地食後の捕捉ができなかった ということを意味しています。



 その後4社から電話があり、待合室からそのたびに出て、同様の対応を しました。6人目の電話は、研究所の利岡さんからでした。「ローゲイン ではつながったそうです」。一応ホッとしたところへ、「マトガワさん、 一番の診察室にお入りください」。A1Cは6.5。横ばいです。これじゃあ年 末を徹底した節制だな、と思いながら、薬局を経て研究所へ。早速管制室 へ行きましたが、ぎっしり満員で立錐の余地もありません。依然としてロ ーゲインでつながっているだけです。今後のオペレーションを慎重に打ち 合わせしているのです。

 TBSの取材を受けました。これはもともと予定されていたことなので、 この事件とは別に、「あかつき」による金星探査の一般的な意義について の取材です。それが終わってから、もう一度管制室へ。ローゲインからミ ドルゲインに切り替えようとしたけれど成功しなかったとのこと。となる と、もう一度ローゲインに戻した後に、セーフモードに移行できるかどう か指令を出すのか? などと考えながら、迎えの車で新橋へ。これも予定 の講演。

 こんなことならこの日は空けておけばよかった、いや自分がいても実際 のオペレーションは現役の人たちがやることだから関係ない。いやそれで もマスコミ対応を落ち着いてできる状態にしていた方が。……思考が行き つ戻りつしながらも、何度も何度も車の中にかかってくる新聞社からの電 話。ホトホト疲れ気味で目的地の会社へ。

 帰りの車の中で、「あかつき」がセーフモードに入ったことを知りまし た。自然に入ったのか、こちらからの命令を聞いてセーフモードに入った のかは不明ながら、とりあえずは一息かなと予想しつつ、金星周回軌道に 確実に入っていることの証拠が早く欲しいと思いました。しかし苦悩のオ ペレーションがつづきました。

 今日(12月8日)午前8時25分、「あかつき」は三軸姿勢制御に移行し、 ハイゲインアンテナによる通信に移りました。一方NASAでは、昨日(7日) の23時頃からゴールドストーン局で軌道情報の取得を開始し、そのおかげ で8日の朝5時頃には「あかつき」の軌道決定を行いました。その軌道決定 の結果から逆算の結果、12月7日8時49分に開始されて12分続くはずだった 軌道制御エンジン(OME)の噴射は、おそらく1〜2分で噴射が停止したと 思われます。そのため十分なブレーキをかけ切れなかったため、金星周回 軌道への投入はできず、結果としてそのまま金星の重力圏を脱出。

 現在の私は、定量的なデータを入手できていませんが、金星軌道の内側 と外側を近日点と遠日点とする太陽周回軌道に入っていると思われます。 次に金星の近くに接近するのは6年余り後ということになります。そのと きに軌道投入の可能性があるかないか。ここは軌道グループの出番のよう です。あ〜あ、金星に大きな衛星があったらスウィングバイさせるのにな あ。

(YM)

TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します