コンテンツ
KU-MAについて
入会案内
リンク
会員向け

KU-MAの
おすすめ


超巨大ブラックホールに迫る
「はるか」が作った3万kmの瞳


自然の謎と
科学のロマン(上)

Newton編集長の実験と工作動くもの浮くものの不思議

Newton編集長の実験と工作─光や電気の不思議─


小惑星探査機「はやぶさ2」の大挑戦 太陽系と生命の起源を探る壮大なミッション


新しい宇宙のひみつQ&A


宇宙人に会いたい!: 天文学者が探る地球外生命のなぞ


宇宙の始まりはどこまで見えたか? 137億年、宇宙の旅

他にもおすすめがあります

YMコラム
6月29日「「かりゆし」で北海道」

 北海道に来て「かりゆし」で過ごすという、思ってもみないことがおきています。昨日女満別空港に着いて、飛行機から外へ出た途端、前を歩いている乗客が、「ワー、これじゃ沖縄みたいだな」と叫んだのが印象的でした。全国的に真夏日なんだそうです。カーデガンを持ってきたのですが、どうやら着るチャンスはなさそうです。

 一昨日、歯医者さんに行って治療をしてもらったら、しばらくして何だか口の中がおかしい。口内炎のようです。右頬の裏側に袋のようなものができていましたが、それはやがて破れてつぶれ、その代わりに舌の先の右裏が猛烈に痛み出しました。それでいて今回の北海道訪問では2泊3日で4回も話をしなければならないので、ちょっと困ったなと思っていました。その悩みを網走で漏らしたら、網走の講演の主催者である網走市民会議の会長さんが歯医者さんで、「すぐにいらっしゃい」というので、診ていただきました。薬を塗って、実に患部をレーザーで少しばかり焼いてもらって、すっかり痛みがとれたのです。助かりました。

 しかも、明日は列車で釧路まで移動する予定だったのですが、網走の教育委員会の方が、車であちこち立ち寄りながら送り届けてくださるというのです。随分と親切なお申し出をいただき、遠慮しつつもお願いすることにしました。おかげで、一度も行ったことのない知床の地も踏めることになりそうです。実は斜里で以前に名物町長さんとして名高かった午来(ごらい)さんにも会えそうで、楽しみにしています。一度東京でお会いしたことがあります。思いもかけず「かりゆしで北海道横断」という贅沢なことになりました。午来さんに会ったら、“斜里で「宇宙の学校」”という提案をしようと考えています。

(YM)

TOPKU-MAについて入会案内リンク会員向け

このサイトの内容の無断転載・複製を禁止します